これで整備性が随分よくなりますね
ボールも単体で交換出来るみたいだし。
やっぱり純正が一番!
もっと早く出してくれたら良かったのに…
RSマフラーより全長がかなり長いです。
当然排気音は静かですね。
これって意外と便利です。
今でも予備タンクが付いてるスクのは有るのでしょうか?
鉄リムの偽物?が存在しますので購入の際はお気を付けて。 ’05/6/26現在でメーカー廃番を確認しました。 これ本当に格好だけです。
まあ自分の場合見た目も大事ですけど。
この画像良く見ると車体がスリムなので
頭でっかちに見えますが本当にデカイです。
この隙間が無くなったら本当に良いんですけど。 あっ!ホイール錆々ですね〜(笑)。
3CP品番フォークは全長も短いんですよね。
JOG90って100km/h出てたっけ?
しょっちゅう100を指すとも思えんけど…
何でこんなややこしい事したんでしょうね?
流用防止?まさかね〜。
この125mmという幅が重要なんですよね〜。 これでタイヤ交換時の煩わしさから解放されました。
RSフォークで足長スタイル。時代に逆行してます(笑)
旧車乗りなら憧れるプッシュキャンセル式ウインカー形式スイッチ
旧車会の人に邪道だって怒られるかな〜?
何か純正に比べものものしい造りですが…
高価な値段の割には…
手入れ迄不精する訳にはいきませんね。
前部のカバーは見えなくなるのも何ですので取り付けしようか考え中です。
時代の流れって言うんですかね。
ギヤ車のキャブで齷齪やってたのがバカみたいです。
要は馬鹿にした奴の真似を自分がすんなよって事ですよ。 世の中先にやったもん勝ちですよね〜。
特許の申請でもするか??

純正(社外含む)パーツのポン付け、及び流用結果を掲載してます。

ポン付け、流用も日々の研究、取り組み、失敗が無いと得れない情報です。
ポン付け、流用は付かなければ意味が有りませんので、
自分の思い通りに加工して装着する事より難しい事だと思います。
そんな輩の為に意味を成すか判りませんが、掲載日を記載するようにしました。
自分自身も「コロンブスの卵」の様にならないよう注意したいです。



ターゲット用リヤフェンダーを1KXに装着しました。
・ホンダのライブDIOを見て、「このリヤフェンダー格好良いなー」と思ってました。

・「ヤマハにあんなの無いよね〜」と思いながらパーツリストを眺めていると、ちゃんと有るではあ〜りませんか。

・付くかどうかはバクチでしたが、早速注文!画像通りキチンと装着出来ました。

・ライブの物は若干短めで、テールのフェンダーを切り取れば尻上がりのスタイルなのでハッキリ見えて良いですが、これはそれ自体が長めで、ノーマルのフェンダーに隠れて見難いです。
もっとノーマルフェンダーを切り取る(ナンバー取り付け位置を変更必須)とかも検討中ですが、これで少しでも泥水の跳ね上げが減れば良いななんて思ってますが…


※これも随分前からやってましたが、敢えて掲載をしてませんでした。
ご指摘頂いたY氏有難う御座います。

2008/5/8



YG系の純正キャブをCE、CG系に装着してみました。
・管理人も以前純正のBIGキャブと言い、ギヤ車用の純正キャブを装着はしましたが、スクとの燃料流量の違いに中々SETが出なく泣かされた思い出が有りました。

・JOG−Zシリーズの純正キャブは、旧JOGシリーズの純正キャブに比べスロットルバルブが大きく俗に言う純正BIGキャブです。

・装着に関しては若干の工夫が要りますが装着自体は勿論ポン付け、純正のエアクリーナーもキチンと装着出来ます。



※この位と思って掲載してませんでしたが、問い合わせが多く掲載自体が後先になりました。
装着当時の画像も見当たりませんでしたので、当HP別所掲載の画像を使いました。
現在の状態を元に戻す事も予定も無いですが、次回きちんと撮影した画像を撮った時に掲載します。

2007/9/27 18:10



2GM品番のケースカバーをメッキ加工して弐号機に装着しました。
・元々このEgは50用のケースカバーが装着されたまま入手しましたので、いつか鏡面加工して交換しようと目論んでいましたが、そこは不精者の管理人「鏡面」がいつのまにか「メッキ」になっていました。(爆

・メッキ加工は勿論福岡メッキ技研工業株式会社様にお願いしました。
垂直、細部はメッキがのらないかもと言われてましたが、流石は職人キチンとのってます。

・キックペダルも良く流通してる可動しない物と違い純正同様の造りをしてキック時は面倒ですが、たためば出っ張りは有りません。
キック時直接当たる部分は色剥げを嫌い純正のゴムを装着しました。

・管理人は峠を攻めたりはしませんが、ケースの傷付き防止の為にキタコのケースプロテクターも同時に装着しました。

2006/10/15 16:26:52



TZ250のイグニッションコイルを壱号機に装着してみました。
・単純に市販レーサーの物だから良いだろうと、最新型の物を購入、装着してみました。

・造りも画像下の元々付いてる純正製の物と違い、ケーブルは言わずと知れた老舗の「フジクラ」製、コイル自体は系列会社の「DENSO」製とかなり豪華です。
キャップの製造メーカーは残念ながら確認出来ませんでした。

・取り付けはポンですが、造りが造りなだけに少々考えないとCDIからの配線も違うので、変な装着状態になります。

・気になるのはその後ですが、他のRS用とかは装着事例が無いので何とも言えませんが、掛かりの悪かった壱号機が一発始動、加速途中の谷も以前ほどではなく、何か以前と違った力強さを体感出来ました。

・でもパーツ自体の金額が金額ですので、それに見合った程変化が有ったかと言えば、『んー』な感じですね。

2006年2月26日 20:34:47



現行と同デザインのライトスイッチを3CP−JOGに装着しました。
・左だけ現行のプッシュキャンセル方式の物に交換しても、現行の右側スイッチは常時点灯なのでライトスイッチが付いてません。
旧式のライトスイッチとのバランスが取れなくてアンバランスで困っていましたが、これで解消です。

・ちなみにこれは最近良く見かける4VP品番のMADE IN TAIWAN物ではなく、MADE IN JAPANの物です。

・台湾製と日本製は値段がかなり違います。


2005年6月27日 18:00:44



YG系の中、後期用のステムベアリングを、CE、CG系に使用し装着しました。
・ステム周りなんて事故やった時とか位で、そんなにしょっちゅう分解する訳でもないんですが、いざ分解する時はボールがバラけて無くなったり、転がってゴミが付いたり大変ですよね。
しかし、これを使用するとボールをプラが抱えてあるのでそんな悩みも解決します。

・受けレースは代々パッソルの物が使用されてますが、当て(押し)レースがステム径の違いで違います。

・ホンダは早く(’88 DIOで確認)から採用されていたんですがね〜何故でしょう?


2005年6月12日 11:14:06



JOG−ZR EVOLUTION用(Grimeca製)フロントホイールをJOG−ZR(3YK−7)に装着しました。
・以前、某バイク雑誌でこの企画をやってましたが、自分は新車で出たばかりの寸法を計測していたので、「3VP系メーターギヤは装着不可やろ?」と見守って居ましたが、案の定最後はワンオフカラー製作で幕を閉じました。(笑)

・上記にも掲載の通りネックはメーターギヤなんですが、そのワンオフカラーを作れれば問題無いんでしょうが、この車両は得意のポン付けワンオフカラー無しで、当然ホイールも回りますし、メーターも上がるんです。
これで、EVO乗りの方も電気式メーターから機械式に変更出来ますので、社外メーターも取り付けられますよね。

・しかし以前、この取り付け情報を某オクで出品する輩も居て、【営業妨害】と言われるのも何なので、パーツNoは伏せておきますね。(爆)


※寸法測定協力 Hモータース
2005年6月6日 16:19:44



ターゲットマフラーを、1KX−JOGに装着してみました。 詳細
・当初白だったベースの1KXも当時自分が買い損ねて悔しかった1RNの色にだいぶ染まってきました。

・画像端になりますが、メインキーも1RNに合わせて黄色に変更してます。

・全長の短い1KXに装着するとテールエンドがかなり後ろに出ますね。(これって違反?)

・リヤサスはチャンプRSの物です(スプリングが黄色だと何でもRSサスって言う方が居られますが、フロント10インチに対応するべく装着された長さが270mmの物が正規RSサスです)。


2004年6月20日 15:26:56



TZM50用の燃料コックを、3CP−JOGに装着しました。 詳細
・CG型式は燃料タンクに直接負圧コックが装着されているので、取り外せないのが悩みの種でしたが、何と同社TZM50用コックは燃料フィルターも内蔵ピッタリとタンクに合います。

・おまけに予備タンク機能付き(機能の使用は要加工)ですので、うっかりしてても助かります。

・取り付けにあたってコックの操作が出来ないので、マッドガードを取り外そうとしましたが、CDI等がそれに固定されているので、ガードの側面を画像の様に切り取った事で、カウルを取り外さなくても簡単にコックを操作出来ます。


2003年11月24日 18:17:46



アクティブホイール?を、1KX−JOGに装着してみました。 詳細
; ・自分自身このデザインは気に入りませんが、鋳物で錆びないのとチューブレスホイールなので装着しました。

・装着序に重量を計測してみました。
2JA系→約2.2kg
アクティブ→約2.0kg
27V系→約1.8kg
(最小目盛りが200gの計りで計測しました。)

・ご存知の方は少ないと思いますが、デザインは一緒でも、2JA系より27V系の方がリム幅が狭いのでこの数値なんですね。


2003年10月11日 16:12:14



AEROX用純正マフラーを、3YK7−JOG−ZRに装着しました。 詳細
・自分自身エアロックスと言う車両は見た事が無いですが、エアロックス用と言う事で某オクで落札しました。

・エアロックスはイタリアヤマハなので一応純正の所に掲載してみました。

・走りの方の変化はあまり感じられませんでしたが、排気音が純正よりもカン高い感じです。

・下方前部のパイプはマフラーのガードでしょうか?

・サイレンサーはアルミを巻いただけの飾りみたいです。

・ホイールはJOG−ZRのEVO用純正でグリメカ製です。


2003年11月24日 06:37:12



1KX−JOGを、純正パーツの流用でディスク化しました。 詳細
・ハンドルは交換しなくても良かったのですが、現行の社外メーター(デジタル等)が無加工で装着出来る様に、ステム交換のみにとどまらずにハンドルも3CPを使用しました。

・フロントから見た感じカウルとの隙間は判りませんが、下の左の画像運転席側からでは7〜8cm程の隙間が開きました。

・フォークは錆々でしたが、福岡メッキ技研工業株式会社さんにて、安価にアウターをメッキ加工して頂いた3CPの物をフルOHして使用しました。

・勿論ブレーキの効きはドラムとは雲泥の差です。

・しかし、問題が判明…このステムを使用すると、インナーレッグに干渉するばかりか、残念な事にハンドルロックが利きません。


2004年3月14日 08:24:12



上記1KX−JOGに3WFメーターを装着しました。 詳細
・2XX用の80km/hメーターでは追い付かなくなり交換しました。

・以前装着した3VR用メーターは画像の【YAMAHA】の部分が【AXIS】と表示されてて嫌だったので、3WF(JOG90)用を装着しました。

・今後HI BEAMランプと燃料ゲージを動作させるべく頑張ります。(HI BEAMの方は見通しが付いてますが、燃料ゲージの方は暗礁に乗り上げてます…)

・携帯カメラで撮ったのバレバレですね。(爆)


2005年3月7日 09:54:38



ホンダDIO−ZXフォークと他DIOフォークの違い。 詳細
・一部のユーザーの方は購入して気付くと思いますが、AF−18,27,34系にゴールドフォークを装着しようとすると、固定ネジの切り欠きの位置の違いで、フォークを上部に突き出した状態で固定しなくてはいけません。

・突き出しを好む方なら別ですが、ゴールドフォークの装着にはステムごとの交換が必要です。(18系はフォークが装着出来ても、幅の関係でホイールが装着出来ません。)

・因みにZXのゴールドサス、HD−SUSはOIL封入式ですが、このVR−SUSは不評(経年変化で内部が固着してボトムしたまま戻らなくなります)の18−DIOと同じグリス封入式です。


2005年5月19日 19:49:24



1KX−JOGにRSステム、チューブレスホイールを装着しました。 詳細
・チューブタイプだとサイズは無いし、ハイグリップタイプは選べないしで、困り果てていました。チューブホイールにバルブのみチューブレス用を装着してもいけますが、タイヤを装着するとき非常に大変!チューブレスホイールを装着する事がかねてからの念願でした。が、問題が…

・3CP品番ステム(CG系JOG用)ではフォーク間が狭く(約115mm)、現行のホイールが装着出来ない事が判り、急遽2NA品番(約125mm)ステム(CJ系チャンプRS用)を発注しましたが廃番、ここは一発と某オクで密かに狙ってました。(笑)

・しかし、このステムを装着するとその広がった幅のお陰でインナーレッグにかなり干渉しいずれ破損と言う事にも成りかねません。
何らかの対策をした方が良いです。


2005年5月22日 11:24:50