ST管(真空管)使用・並三ラジオ

誰かST管、持ってない?

 

 

ラジオ表紙

 
 これは捨てられていた部品を寄せ集めて作った、ごく普通の並三ラジオです。ま、余計なモノも付いておりますが…。(微調整同調、音量・音質調整、謎の電球など)
 現在の真空管ラインナップは、6C6-6ZP1-80HKと、とっても普通です。コイルはちゃんとトリオ製、電源コンデンサーも複合型です。ただ、トランジスタ用部品が少なからず使われており、音量・音質調整回路がハッキリ言ってイケナイ方法なので、少々怖いモノがありますなぁ。(あんまりいじりません。)
 こう言うモノを作るとき、感電しないで作り終えると寂しくありませんか?

並三ラジオ・真空管・よもやま話

電源回路の整流について ※2003年1月19日、とあるパーツ屋さんで遂に念願の KX-12F を入手。早速並三ラジオに搭載、ちっとも変わりません。(当たり前だ)
 12F は直熱管と言って、構造は白熱電球の様なモノ。それと比べると他の真空管は傍熱管と言って、例えれば「電熱器と鍋の水」といった風。→こんな(15禁注意)
 「白熱電球」と電熱器にかけた「鍋の水」では、どちらが速く暖まるか?「白熱電球」です。つまり、働き出す時間(立ち上がり時間)にズレを生じる訳で、スイッチを入れた直後は電源回路からの電流が行き場を失います。
※だから昔の電気機器は電源を入れて30秒ほど待たにゃならん※
 すると、近場の平滑用電解コンデンサーに八つ当たりというか、悪さをするんですなぁ。容量抜け、なんて事も起き得ます。並三ラジオの寿命の点から言えば、同じ傍熱管の 80HK の方が良かったりするのですが…。
 しかし純正の構成は 12F ですので悩み所。時々差し替えて楽しむしか…
 最近(2008年)どうも調子もオカシクなって来て、音量が下がったり(エミ減?)ガリガリ言うたり、定番の問題が。
※だ〜からゲルマラジオ方面にシフトするんやなァ…感電しないし※
五極真空管の構造 真空管の原理説明。
 そもそも真空管の原形はあのエジソンが見付けたモノです。電球に反射版を入れたんですが、何の気無しに調べたら反射版からフィラメントへ電流が流れてた…
 つまり電流と電子の流れは逆なので、フィラメントから電子が飛び出して反射版(陽極、プレート)にぶつかってる訳です。ま、学者でないエジソン自身は理解不能で、ソレで直接何かを作った訳ではありませんが「エジソン効果」という名が残っています。
 そのまま二極管が出来、間に網を入れて電子の流れを制御(通せんぼ)出来る様にしたのが三極管です。大電流を制御すれば「増幅」した事になりますね。
 さて三極管の増幅率を上げようと、ゆるい電子の流れをひっぱる様な働きをする網を追加したモノが四極管です…が、勢いを付け過ぎた電子は陽極にぶち当たって余計な電子をはじき出す事がありました。
 そういうフラフラした電子を陽極に押し返す(勢いのある電子は素通りの)網を増設する事で、安定した働きをする様になりました。これが五極管です。6C6, 6ZP1など。
 他にも電子の流れを整理して陽極にぶち当てるビーム管というのもあります。※マンガ化したら、より悲惨そうだな※
低周波増幅について えーっと、変なマンガを描いたので、つまりマンガ先行でネタ回し。でもちゃんとラジオ関係な所がミソ。
 以前、知った顔と話をしていました所、増幅について勘違いをしてまして、啓示の為に一筆啓上。
 ラジオの中で、入力信号と相似形の、値を大きくした波を作ってるのが増幅器なのです。か弱い手(弱エネルギー)でバルブをひねって太いパイプの水量(強エネルギー)を調整する様なモノ。
 スピーカーを鳴らす為に増幅器を通しますが、大きな電力が必要です。いきなり持上げると不安定です。
 よって事前に、まず電圧を上げて下準備をして、やおら電力を増す手順を踏むのです。(並三は…??)
高い所に登るのに    (昔の本に載ってた)
梯子をかける  /□□\
       / □□ \
二段で  /□□□□□  \  一段では
安心→ / □□□□□   \ ←不安定!
※昔の本 = 「初ラ別冊・初歩のラジオ技術」ですた※
 …あくまでも増幅器関連ネタという事で。

並三ラジオ・回路図

検波回路 増幅回路
カッパ6D64276まいっちんぐ
「グェフフ、真空管要らんかッパ〜?」
「ギャッッ!バケモノだー!…お♪マジ真空管やん。タダ?」
「な〜んごつ!せっかくガキの割りよっとば貰うて来たとけ。」
「奪って来たとやろ…それを売り付けんなよなー。」

(泣) ↑実話(泣)
 回路は実際にはあとでバリオーム(ボリューム)や微調整同調用の歯抜け豆コンを、適宜取付けております(泣)
電源回路

並三ラジオ・シャーシ内部の様子

人形はネタのなごり

 これがシャーシ(鉄箱)の内部画像です。中央やや右にトランジスタ用高周波チョークが認識できますか?(ヨコ向いて刺さってる、アメ色のヤツ) 抵抗器が炭素皮膜型なのも見てとれる事と思います。直接見ると、はるかにジャングルです。(中古部品のリード線の歪み・曲りグセなどが拍車をかける)
 再生豆コンは通信機用のタイトバリコン(お定まり)、ブロックコンデンサーは有り合わせの中古(部品に合わせる)、各種皮膜抵抗器は変な臭いや過熱にビビッた為に、指定より多めの耐圧にしています。
 ズラッと並んだ可変抵抗器群は、無駄モノばかりです。右から、音量調節、音質調節、回転スイッチ代わりの遊びボリュームです。

並三ラジオ・使ひ方

 愚かにもアンテナ・アース端子が二つしか有りません(下の赤青端子)。長いアンテナを使用する時は、アンテナからの電線を並四コイルのLA端子に「引っかけて」使います。
 アース端子には0.01μF程度のコンデンサーを経由させており、回路全体が浮いた状態になっております。それをキャンセルする時は、アース線をシャーシに「引っかけて」使います。(あのな…)
 NHKなどの素でよく聞こえる放送局は苦労要らずですが、民放など、比較的に出力が弱く且つひしめき合っている対象の場合、ちょっとしたコツが必要です。
 目星を付けた周波数辺りに合わせておいて再生を最大にかけます。「ピュウゥウオォオゥ」と鳴りますが、通信機ばりの微調整同調バリコンを回してチューニング、合えば激音が止むので判ります。
 ※この方法は妨害電波を出してる状況であり、乱暴ですので手短に※
 再生を解除すると(「ポ〜ワィッ、モフッ」とか言う)希望の放送局の音声が…聞こえれば良いのですが、時々隣りのに合わさってたという事もしばしばです。(゚∀゚#)カーッ!
 10m程度の空中線と有り合わせのアースで、実用上は何も差し支えなく聴取出来ます。空中線を張れない方は、アースをアンテナ端子に接続すれば勝手に電灯線アンテナになってくれます多分。



ラジオ ページサイト表紙はコチラ
(c) PHALSAIL HeadQuarters All right reserved