どうぞごゆっくり
ご覧ください



感想等、お便りください





 毎月更新しています

表紙へ戻る
若葉保育園
地域子育て支援センター
第二若葉保育園
ご入園のご案内
保健だより
給食だより
献立表
写真館
ぽっぽホール
中村ファーム
 凛々子の
    生育記録

苦情解決結果の
公表

保育情報

内閣府少子化対策室

岩手県

花巻市

日本保育協会


社会福祉法人
花巻保健福祉会定款
平成31年度資産公開

  ようこそ 若葉保育園のホームページへ


社会福祉法人・花巻保健福祉会

 若葉保育園では正職員としての看護師さんを募集しております。小さいお子さんがお好きな方・子育て中で定時勤務をご希望の方、ご連絡下さい  人事担当 橋  0198−23−6634


        若葉保育園保育三訓

 
心の保育 思いやりのこもったお世話・信頼関係を築く

  創造の保育 工夫して子ども達を楽しませる知恵

  喜びの保育 子ども達の成長を喜びながらいつも
               楽しい雰囲気を醸成する
 

  
心身ともに健康な子どもたちを育てるために保育者が
 日常心掛けている事柄です。
                                          
 
左手、さくらんぼの花が満開の日
平成31年4月20日
季節に見守られて・2020年・春号
 
園庭のシンボル四季を彩るソメイヨシノ

事務室の外、姫こぶしのピンクが優しい
 
今年も水仙が春の雰囲気を振りまいて

 4月
 
春本番、日差しがポカポカと感じられるようになりました。保育園では新しいクラスでの生活がスタートしています。
 慣れないお部屋に、不安な表情で入ってきた子ども達も、日中にはキラキラの笑顔を見せてお友達と元気いっぱいに遊んでいます。
 4月は保育士にとっても新しいチャレンジの始まりです。子ども達のお話をよく聞き、多くの触れ合いを持つことで、子ども達がこれからの園生活に期待を持ち、安心して生活できるようにしていきたいと思います。
 これから環境の変化による疲れも見られるようになりますので、お家ではたっぷりと甘えさせてもらえればと思います。早寝早起、朝ご飯の生活リズムもしっかり作っていきましょう。

  5月
 
新年度がはじまり、早くも1か月がたちました。新しい環境にもだいぶ慣れ、日々笑顔が増えてきたように感じています。気候も暖かくなり、子どもたちは爽やかな風を感じながら、戸外遊びや外気浴を存分に楽しんでいます。園庭のサクランボの実も膨らみはじめました。「少し大きくなったよ!」「赤くなってきたね!」と発見したことを思い思いに保育士に伝えてくれます。
 さくら組は5月13日にトマトの苗植えを体験しました。土の感触に親しみながら、穴を掘ったり土をかけたりして、一生懸命取り組みました。また、栄養士から野菜についての話を聴いたり、簡単なクイズを楽しんだりして学びを深め、とてもよい時間となりました。今後もトマトの成長に期待を膨らませながら、観察を楽しんでいきたいと思います。
  6月
 新型コロナウイルスの感染が小康状態となっていますが、これから気温や湿度が上がる季節を迎え、「夏風邪」と呼ばれるほかの 感染症が増えてきます。暑さのため体力を消耗したり、脱水気味になったりする子もいますので、子どもたちの健康管理には十分に気をつけていきたいと思います。
 6月に入り、園庭にあるさくらんぼの木がたくさんの実をつけました。大きいクラスの子どもたちはさくらんぼ狩りを楽しみ、「美味しい」「酸っぱい」「甘い」など口々に感想を話して収穫の喜びを味わっていました。 
 また、6月4日は虫歯予防デーでした。若葉保育園では歯科検診が行われました。80歳になっても20本以上の自分の歯を保とうという「8020運動」があります。健康で長生きするために、乳幼児期の歯を健康に保ち、丈夫な永久歯を育むことはとても大切です。歯磨きの習慣を身につけて健康な歯で過ごしましょう。
  2020年・夏号
 7月
 いよいよ本格的に暑くなる季節になりました。保育園では、熱中症対策として、こまめに水分補給をしたり、汗をかいたらその都度着替えをし、体温調節に心くばりをしながら保育をしています。
 77日は七夕会を行いました。子どもたちと保護者のみなさんにはそれぞれの願いごとを短冊に書いていただき、笹に飾りました。私たち保育士からは「けがなく健康に育ちますように!」と、保護者のみなさんと共通の願いごとをさせていただきました。
 8月には夕涼み会があります。大きいクラスの子どもたちは、踊りの練習をしています。当日に向けて子どもたちの熱も上がってきているようです。本番が楽しみです。ひと夏のいい思い出ができることを願っています。
 小さいクラスの子どもたちも天気がよい日は園庭にでて遊び、元気いっぱいに体を動かしています。
 8月

気持ちよく晴れ渡った青空に照りつけるような陽射し。保育園の花壇ではアサガオやひまわりなど、夏ならではの花がきれいに咲いています。
 保育園では8月上旬に夕涼み会を行い、しゃぼん玉、おもちゃ屋さん、魚釣りにワニ叩き等、子どもたちが楽しめるようにいろいろなコーナーを用意しました。子どもたちはお父さんやお母さんの手を引きながら、各コーナーを回って遊びました。最後には夏の夜空に輝く打ち上げ花火の光や音に、歓声をあげながら見入っていました。今年はお祭りや花火大会が軒並み中止となり、少しさみしい夏となっていますが、親子の心に残る素敵な夏の思い出になったのではないかと思います。
長く続いた梅雨も終わり、8月に入ってからは晴れの日が続きました。子どもたちは待ちに待ったプール遊びを楽しみました。水着に着替え身支度を整えプールに入ると、「きもちいいね!」「つめた〜い!」と思わず歓声があがります。「見て、見て!」と顔を水につける子、ワニさん歩きをする子、バタ足をする子、いろんな姿を見せてくれました。

   9月

日が短くなり、すっかり秋模様となってきました。秋の気持ちよい空の下、子どもたちはのびのびと外で遊びを楽しんでいます。日中と夜の気温差がある季節の変わり目でもあるので、体調管理には十分に気をつけていきたいと思います。
 さて、926日には運動会がありました。当日は風が強く、少し肌寒い一日となりましたが、子どもたちは元気いっぱいの笑顔を見せながら、各種目に一生懸命取り組みました。あきらめず、ゴールに向かって走る姿や友達と協力して踊る姿を見て、また一つ大きく成長したなと感じました。
 新型コロナウィスルの感染予防対策のため、2部制での開催となりましたが、保護者のみなさまのご理解とご協力のもと、円滑に競技を進めることができました。ありがとうございました。

 
2020年・秋号



 10月
 早いもので季節は巡り、「実りの秋」を迎えております。春、夏を経て、子どもたちは一回り大きく成長したように見える今日この頃です。外遊びでは、紅葉が見られ落ち葉が広がる園庭で、どんぐりを拾ったり、色鮮やかな落ち葉を手に取ったりして、秋の自然に親しんでいます。
 夏の暑さがひと段落し過ごしやすくなったこの時期は、さつまいもや里いもなどの旬の野菜収穫、童話村や材木町公園への遠足など、子どもたちが楽しみにしている行事がたくさんありました。お弁当や秋の収穫の喜びを味わい、みんな笑顔にあふれていました。
 また、10月末にはハロウィン行事がありました。お化けの歌を歌ったり、それぞれ可愛い仮装をしてお菓子をもらいに園内を回ったりして楽しい会となりました。
 11月
 

 肌に感じられる風も涼しさから冷たさにかわり、少しずつ冬の訪れを感じるこの頃。園庭を鮮やかに彩っていた紅葉や桜の葉も落ち葉となり、踏むと「サクサク」と音が鳴るようになりました。

 子どもたちは寒い様子を全く見せずに戸外で元気いっぱいに身体を動かして遊んでいます。落ち葉を2枚頭につけて「うさぎさんだよ?」話しながら、お友達と遊ぶ姿は見ているだけでほっこりと気持ちが温まります。

 芋焼き会がありました。園庭で焼いた焼き芋を「あついね!」「あまくておいしいね?」等と話しながら、食べていました。秋晴れのもと、外のベンチに座ってみんなと食べた時間は至福の一時になったことでしょう。

 岩手県での新型コロナウイルス感染症が拡大していますが、空気が乾燥しているため、その他の感染症にもより一層注意が必要となってきました。ご家族とも連携しながら、引き続き感染症予防を徹底していきたいと思います


12月
 寒さが身に染みる季節となりました。園庭には真っ白な雪が降り積もり、子どもたちはさっそく雪あそびを始めています。「たくさん雪降ったね。」「外に行くの楽しみ。」と朝からやる気満々で登園しています。体調管理には十分気を付けながら、冬ならではの遊びを存分に楽しませたいと思います。
 さて、12月19日にはクリスマスお遊戯会がありました。これまで何度も練習してきた合奏、遊戯、劇を堂々と発表することができました。子どもたちの達成感や満足感あふれる表情はとても素敵でした。会の終わりにプレゼントをもらう笑顔に、また大きく成長したなあという思いを強くしました。
 あっという間に一年が過ぎ、お正月休みに入ります。火にかかわる事故や新型コロナ等の感染症対策には注意をしていただき、家族でゆっくりと楽しい時間をお過ごし頂ければと思います。

 



 


           HP開設2002年4月  Last Up Date…2020年12月28日  By 加藤華恋・宍戸ひかり・藤原花奈子