表紙へ戻る


  ほけんだより 

嘱託医 高橋 肇先生から


2019年 6月

 梅雨に入りましたが、寒暖の差が激しく変わりやすい天候が続いています。急な気温の変化で体調を崩しやすいため、無理をせずに 何かおかしいと感じたら早めに休憩を取って下さい。
  花巻地区では、
感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど)が流行中です。溶連菌感染症も増加傾向にあり、おたふくかぜヒトメタニューモウイルスの流行っている地区もあります。



  今月は 

     
「プール熱」


              のお話をします。           


 

 夏にプールを介して目からウイルスが入り、子どもに流行するのでプール熱の名前がついていますが、のどから感染することもあります。

【症状】
・3940℃の高熱が45日続く
・のどの痛みが強く、眼が赤くなる
・頭痛、吐き気、腹痛、下痢
を伴うことがある。

 診断はのどや目(結膜)から迅速検査で原因となる
アデノウイルスが検出されれば確定します。アデノウイルスに効く薬はなく、治療は熱やのどの痛みを抑える薬を処方します。 発熱は45日たてば自然に下がりますので、解熱薬を使いすぎないように気を付けながら、プリンやゼリーなどの口当たりの良いものや麦茶やイオン飲料などで水分を取り、体調の維持に努めてください。熱が下がってからも2日間出席停止が続き、登園までに約1週間かかります。



  

  

吉田保育士 2019/6/28更新

園内リンク   表紙ページ  若葉保育園の紹介