福祉サービスに関する苦情解決について

 社会福祉法人・花巻保健福祉会では、法人規程における「福祉サービスに関する苦情解決の仕組みの指針」に従い、当法人が運営する保育園で発生した苦情とその解決内容を公表します。

 なお、個人情報に関するものや、申し込み者が拒否した場合は公表せず、保育園内での改善に努めます。

 
 表紙へ戻る

令和元年度

  2月の苦情   若葉保育園 
  第二若葉保育園
 1月の苦情   若葉保育園
 第二若葉保育園
 12月の苦情   若葉保育園
 第二若葉保育園
  11月の苦情  若葉保育園  
 第二若葉保育園   
   10月の苦情  若葉保育園  
 第二若葉保育園  
  9月の苦情  若葉保育園  
 第二若葉保育園  
  8月の苦情  若葉保育園  
第二若葉保育園  
 7月の苦情  若葉保育園
第二若葉保育園  
 6月の苦情  若葉保育園
第二若葉保育園 
令和元年
 5月の苦情
 若葉保育園  苦情はありませんでした
第二若葉保育園   苦情はありませんでした
平成31年 
4月のの苦情
若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした


30年度の苦情   若葉保育園 苦情はありませんでした 
第二若葉保育園   苦情はありませんでした


 29年度の苦情 若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした

 平成28年度の苦情   若葉保育園   「第二土曜日に保育を頼みにくい。頼むと保育士があからさまに嫌な顔をする」、また、「子どもの身の回りのお世話に個別の配慮がない」と、ご指摘を受けました。園では第二土曜日、登園児が少ないので職員会議や研修に充てておりますが並行して、保育の必要なご家庭はしっかり受け止めて保育をしております。職員は接遇の訓練を受けており、保育を頼まれて嫌な顔をする保育士はいないと、私は信じておりますが、申し出のあった保護者は保育士に対する印象が嫌な感じであったのだと思います。事実は事実ですので、以後、対応に注意するよう申し合わせをしました。個別の配慮については、ご指摘のとおりまさに保育士の細やかな配慮が欠落した出来事でした。誠心誠意お詫びを申し上げました。
 第二若葉保育園  苦情はあるませんでした


平成27年度の苦情
若葉保育園 7月下旬に投書箱に匿名希望のお手紙がありました。
内容は、特定の保育士に対して、「子どもの取り扱いが悪い」事と、「保護者に対する思いやりのない言葉かけ」についてでした。
早速名指しされた保育士とそのクラス主任を呼び、思い当たることについて協議しました。ベテランゆえに手際良くお世話した部分が「取り扱いが悪い」と受け止められたものと思います。登降園の混み合う時間帯の出来事だったようで、そこでお母さんには不満な情景があったと思われます。匿名希望という事なので、どなたなのか特定しません。よって直接お詫びが出来ませんので、このページでお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。この度のお母さんの我が子を思う心情を、職員全員で受け止め、全クラスでこれまでの保育を振り返り、保育理念の原点に立ち返った保育に努めていくことを申し合わせました。貴重なご意見を頂きましたことに感謝いたします。                                         園長
第二若葉保育園 苦情はありませんでした。

平成26年度 若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした


平成25年度
8月1日現在 若葉保育園 保護者より、家庭での子どもの対応について「もっとふれ合いを大切にと言われたが、一生懸命対応しているつもりだがこれ以上どうすればいいのか」と事務室に申し出られた。詳細を調査したところ、若い保育士の配慮不足の言葉から保護者を不安にさせたことが判明し、該当保育士を指導し、職員会議において同じことが起こらないよう申し合わせ、保護者には該当保育士、主任、園長から丁重にお詫びしご理解頂いた。

 平成24年度 若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした
  平成23年度   若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした
 平成22年度  若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした
平成21年度 若葉保育園 苦情はありませんでした
第二若葉保育園 苦情はありませんでした
平成20年
6月 1日現在
若葉保育園 採用2年目の保育士に対して「マニュアル的で保護者への対応が悪い」という苦情を頂きました。朝の受け取りの途中で他児の「ウンチ出た」の声にそちらのほうに行ってしまったもので、ベテラン保育士と比較しての苦情に戸惑いましたが、これも保育士として成長する過程の試練であると受け止め、当該保育士には改善の方向を指導しました。
第二若葉保育園 苦情はありませんでした

平成19年度  

19年
12月1日現在
若葉保育園  11月27日朝保護者より前日帰宅後「噛み付き跡があるが説明がなかった」旨の苦情が寄せられた。直ちに実態を調査、前日午前10時頃、概児が玩具の取り合いで同じクラスの女児に噛み付かれ担任は直ちに患部を湿布した。午後になって本児が風邪のため発熱し保護者に連絡、早めのお迎えとなったがその時に噛み付きの説明をせずに帰してしまった。園長に発熱の報告はあったが「噛まれたことについての報告がなかったことと、保護者への説明がなかったこと」について担任に厳重注意をする。保護者へは直ちに園長より実態の説明と謝罪がなされた。保護者には陳謝の意を受け止めて頂けたものと思われる。担任は発熱を心配するあまり噛み付きの説明がおろそかになったものと思われる。心情的には理解できるが以後気をつけるよう全職員で申し合わせを行う。園長も職員管理が不十分であったことを反省した。
第二若葉保育園  苦情はありませんでした
19年
9月1日現 在
 若葉保育園  苦情はありませんでした。
 第二若葉保育園  園では該児の休園の確認は取っていたが、「急遽保育が必要になって登園してきたら職員の対応が悪い」と電話で苦情が寄せられた。職員の「あれっ」という言葉に感情を害した様子なので、丁重にお詫びし、解決した。8月12日発生
言葉によって、感情を害する保護者もいるので言葉の使い方に注意するよう、両施設で申し合わせた。