認定こども園 さわらびこども園について

 
認定こども園ってどんなところ?

☆ こども園とは、教育と保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育園の両方の機能を持ち合わせた施設のことをいいます。
 
*「こども園」の3つのポイント


@保護者が働いている・働いていないに関わりなく、どのお子さんも教育・保育を一緒に受けられます。

A保護者が働かなくなったなど、就労状況が変わった場合も、通い慣れた園を継続して利用できます。

B子育て支援の場が用意されていて、園に通っていない子どものご家庭も、子育て相談や親子の交流の場などに参加できます。
 
*3つの認定区分について

「幼保連携型の認定こども園」では、利用者が利用内容によって3つの認定区分に分けられ、保育料もその区分により、また保護者の所得に応じて異なります。
 *本園は、幼保連携型の認定こども園に移行しましたので1号、2号、3号認定のお子様をお預かりすることができます。 
ただし、2号、3号認定の方については、水俣市が直接申請を受付け認定をおこない、入園が決定されます。
 
 以上、「新制度について」「こども園について」、まだまだ分からないことが多いかと思いますが、ご質問などございましたらお気軽にお尋ねください.
1号認定
(教育標準時間認定)
お子さんが満3歳以上で、教育を希望される場合(従来の幼稚園的利用) 
 2号認定
(満3歳以上・保育認定)
 お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、幼稚園教育を受け、さらに保育園的利用を希望される場合(従来の保育園的利用)
3号認定
(満3歳未満・保育認定)
 お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」 に該当し、保育園的利用を希望される場合