目当て最悪のメニュー

サイト表紙 コーナー表紙 履歴転進

料理マンガ? たとえお金が無くなっても、人間は何かを食べていなければ生きていられません。
 たとえ、一日食費二百円以下になっても…
 なお、仮に以下の記述を実行するにあたっては、読者様の自己責任でお願いします。責任を持てません。


するか。なお、あくまでも過去の話です。


 米の砥ぎ汁汁

 「こめのとぎしるじる」と読みます。読んだ通りの料理です。料理などとは口が裂けても言えません。
 とは言え昔の雑兵足軽なんかは戦場でそんなもんすすってたらしいですよ。つまり根っから食えないモノではない。
 そいから一部アジア諸国の人なんかが食材に使ってるとか聞いた事があります。また傭兵なら、何でも食えねばなりません。
 (そりわ何ネタか?)
 だったら食ってみよう、どうせだったら少しでも美味しくしてみよう、と考えた次第。何つったって米の砥ぎ汁は米を洗う度に出るモノだからね。

 でも、一回目の洗い汁は捨てます。何か農薬とか付いてそうだし…水を切った米をガシャガシャやりますが、その時の汁を使います。
 要するに、僅かながら米粉が出てきてる訳ですよ。つまり結局は薄〜い「おかゆ」か「おじや」になるという寸法です。
 洗い汁を濃い目にお椀一杯分+αぐらい採って鍋でそのまま煮ます。化学調味料と醤油と砂糖と塩を入れます。
 具としてキャベツ辺りを入れても良いですが、雑兵や傭兵の気持ちになるなら具無しもオツなものでは?ならんでイイ?

 味は…具の入ってない「おかゆ」か「おじや」の味。または具の入ってない雑煮の汁。
 土鍋でやれば、見えない傷も塞がって、なお結構。
 食うて気分悪なっても知らんよ。食わねぇよ。


 お湯ごはん

 意味がワカラン。いや、言葉としての意味は当然判る、しかし意図するモノの見当が付かない。
 …と、お悩みかもしれませんが、案ずる事はなく全くお考えの通りの一品です。

 そのまま食べると「味がありません!」
 若干水道のカルキ臭がするかも知れません。そのくらいピュア。
 案外慣れると美味しいんですよ、この味気無さが。

 それでも…とおっしゃる方は、「だし」を入れてみれば良いかと思います。
 醤油ではダメです。

 まぁ、要するに夜中に小腹が減ってしまったが、ちゃんとした食い物が無いという場合に効果的です。信長が桶狭間に出陣する直前にかっ込んだのがこういうヤツでは?「湯漬け」とか言うそうだね。
 これに漬け物・梅干し辺りを添えると、もうイッチョマエの夜食になります。「最悪」じゃなくなったね。なお、直接ミソを入れる手段もあります。ちょこっとで結構です。ただし様子から味まで完っ璧にネコ飯という事になります。


 とりあえずパスタ

 ドラッグストアなんかで安売りしてる、100円で300gぐらいのマカロニパスタを食う話。あんまり酷くない。
 マカロニは塩をパラッと入れた熱湯で煮ます、普通はね。だけどここでは化学調味料ダケで煮てしまうのです。
 まぁ、それではあまりにも情けないので、味噌か醤油を入れて「色」を付けます。「味」は二の次です。そうして出来上がったモノは、「うどんかと思ったらマカロニパスタが入ってた」風になります。

 さて、これは基本です。これに色々乗せたりして食う訳です。卵とかね。一緒に煮込んでも良いかな。
 汁を切って、メシの代わりに目玉焼きを食うとか、魚肉ハムで食うとか、ヴァリエーションも多彩で寂しいです。

 大事な事ですが、これは一食の話ではありません。最低でも三食、一回100gぐらいで考える話です。100円で三日ももつのです!
 一食75gとすれば四日です。夢の様ではありませむか。呆れるヒマがあったら、管理者に何か食材を送りましょう。食材の「元」でも結構ですよ。


 キャベツの煮付けだと思う

 キャベツを煮ます。それだけなんです。ただしもちろんそれだけでは少々食いにくいので、些か調味料のご厄介になるという塩梅です。
 もちろん大御所は、かの「あじのもと」です。その水溶液で半透明になるまで煮るだけで、全くの別物になります。
 まだまだ寂しいので、醤油などで色付けをしても良いでしょう。ダシ醤油なら「あじのもと」も必要ありません。砂糖まで入れるとちょっとやり過ぎかもしれません。
 (さ)砂糖・(し)塩・(す)酢・(せ)醤油の順で入れましょう。酢とか入れたっけ?最後にソースを入れてはいけません。ああ、デミグラスソースとか(ry
 味噌(そ←ズルイ)などまで入れると実の所、最悪でもなんでも無いメニューになりかねません。妙に具の少ないチャンコですよ。

 この調理法の利点は、とろ火で一時間ほどほったらかしにする所です。その間はテレビでも見ていればよろしい。虫とか入らない様に蓋をしておきましょう。

 鍋に水を入れて水溶液を調合して(この言い方どうにかならんか)暖めたらキャベツを手で千切って好きなだけ投入して、放っておくのです。で、出来上がったらご飯で食います。
 味?この状況でそんな事を気にする神経が理解出来ません。ブラックジャックの「その辺の草をブドウ糖で煮たモノ」よりかは遥かにマシです。
 (ちゃんと「○○鍋」の様な味がするので心配無く)


 「料理」ではないが

 特に暑くなりますと水分補給が頻繁になります。生理学的にも当然の事ですが、単に水ばかりを補給していると「水中毒」という状態に陥る場合があります。
 体液が水分で薄まり過ぎ、ミネラル分の濃度が落ちて効果が無くなり、心臓がパタッと止まったりします。

 そこで簡単な栄養飲料を。コップ一杯の水に砂糖をスプーン山盛りと塩を一つまみ。これだけです。美味しくも、不味くもありません。
 出来ればお白湯(さゆ)で飲む。暑い時熱いモノ飲むと涼しくなるアル。

 国連の難民支援などでも安上がりに使われる方法ですよ。飲まされた方は何だと思うかも知れんけど。
 多少余裕のある方は砂糖の代わりに蜂蜜を、またレモンなどの絞り汁を追加するのも良いかも知れませんねって、そりゃハチミツレモンぢゃっかぃ。(塩は好みで)

 実際、砂糖スプーン一杯と塩一つまみにポッカレモソをちょっとだけ入れて、スポーツ飲料的薄さ加減の飲み物が出来上がります。ガキ的には薄くてキモいでしょうが、イイ歳したオッサンにはちょうど良い優しい酸味。まさかスポーツ飲料ってこうやって…


 小腹が減ったら卵があった

 卵だけでは、ここの管理者ぐらいの猛者ともなるとケツに穴開けて上向いて中身を吸い出すなどという事も出来ますが(最近やってない)、一般向けではありませんね。
知人は吐いた、勿体無い。
 (文化祭の女子出し物のお菓子作りで余ったという卵を、目の前で割って食ってやったら、ギャーと言われた事がある。食わしたのアンタらやんか)
 そこで食いやすくする一工夫。卵…と食パンも六枚切り二枚は欲しい所。
 小皿に卵を開けて指で混ぜます。そのままレンジで一分弱で固まります。それをグチャ²にします。
 耳を取ったパン二枚にマヨネを塗って、その上にグチャ卵をばら撒いてパンを重ねて両手で圧縮して完成です。
 普通の卵サンド?小皿以外に汚しモノが出ないという特典付きぢゃいが。しかも小腹限定や。

 なんか普通のコーナーになって寂しいな。拡張した話題として、マヨネーズトーストが旨い。オーブンがあれば出来る。いやもちろん宇宙とか地球とか、最低電気とかも必要だけど。食パンはどんな安物でも、食えれば構わない。
 パンにマヨネーズをブリリとかけた後、上からスライスチーズを乗せて、そのままオーブンで数分焼くだけ。他に何も無し。
 だいたいがチーズとかマヨネの時点で旨いのは決定している。ただし見るからに聞くからにメタボな要素満載なので、最近やってないの。


 食える(最悪な予感)

 何か食いたいのに何も無い。小麦粉だけがあった。いやもちろん宇宙とか地球とか台所も存在しますが←理系。
 ここは一念発起でナンを作りましょう。言わない、言わないぞ、でも一回だけ、ナ〜ンだそりゃ?
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハッハ !!
 さて作り方は知らん。とにかく小麦粉を水で練ってムニョムニョにし、薄く油を引いたフライパンに広げる。
 最初はカリッカリになってとても食えたモンじゃなくなった。でも元が食い物だから食った。次は気を付けてカリカリにならぬ様に炙り焼いた。
 何だか生焼けの餅の様なモノが出来た。こんなもんでイイのかな?アラブのゲリラが野外で焼いてる写真があったが、鉄板の上に厚いの乗せて焼いてた。そういうつもりだったのだけど。
 まぁ元々悪食のワタクシの食い物の判定基準は食えるか否かだから、こんなもんでも良しとしてしまうのだった。
 蜂蜜をかけると蜂蜜の味がして、バターを塗るとバター風味になります。あったりまえやんか。(ちなみに、強力・薄力…などは気にしてない)


 レンジタマゴお菓子

 お金も無く、いや例えば夜中とかにちょっと小腹が減ったとか、そういうのに打ってつけのメニューを開発しましたので晒します。期待しないでね。

・卵…一個
・砂糖…適量

 卵は十個一パック百円でも高級地鶏卵でも多分変わりません。←食った事無い。
 コップの様なカップに卵を割って白身と黄身を混ぜます(切る様に、かな)。その上で砂糖を小匙一杯(お好みで適量)加えて更に混ぜます。ちょうどアイスクリームの元を作る要領です。
 良く混ざったら、電子レンジで一分程度炙ります。混ざってたら爆発しません。その代わり多分モワモワッと中身が膨れて驚くかも知れません。小さいカップだと溢れるかも。
 レンジが止まったらシュワワーと縮みますので安心。これでオシマイ。かなり横着な卵焼きですね。
 甘いのイヤな方は、砂糖でなく醤油とかを加えても良いかも知れません。まあとにかく、そのままでも、ご飯のお供にも出来る安直な食べ物になります。不味くはありませんが、とびきり旨いワケでなし…なかなかコーナーに合ったメニューでした。


 ホットコーラ

 ホットコーラをご存知か?「可口可楽」である。コーラを温めるのです。ご存じない方へ指南させて頂くと、濃い目過ぎのレモンティのやうな味が。
 作り方は至って簡単。缶コーラを開けてストーブの上に置いとくだけです。逆に言えば、わざわざ鍋を用意するような代物ではないかと。
 一応老婆心ながら、銀とか黒とかでなくオリジナルの赤コーラが良いのではないかと思います、それらは甘味料と言い張る変な名の薬が満載だから。
 あと四十代以上の高齢者は控えた方がヨロシイかと。高率で頭痛を伴う恐れがあります。バツゲ等に用いぬようお願い致します。あ、ガキンチョはハマるかも。
 ワタクシも若かりし時は毎日毎時間飲用したものですが。あ、煙草とは極めて相性が良くありません。


追加:ミニ最悪のメニュー

 お湯をかけるだけの玉子スープなるものが売られていますが、茶碗に半分ぐらいの御飯の上に乗せて、上からお湯をかければ、ほらもうおじやの出来上がり!
 お椀の中にコンビニで買って来たおにぎりを入れて(以下略

追加:それでも何も無い時(特に金銭)

 春先から初夏にかけて、野イチゴがなっています(←もうダメ感ハンパ無し)。食べてみると意外と美味いモノです。ヘビイチゴ(←より鮮明な赤色)と間違わぬ様に。
 ただし野イチゴには結石の元成分が多いそうで、あんまりパクついてもいられません。
※今の子らには、それ以前の問題がありそう※

目当て イタドリの茎はあまり美味くありません。これなら、野菜売り場で捨てられてるキャベツや白菜の一枚目を拾う方がマシです。(やった事無い)
 昔は人ン家の柿とかビワとかを(一部略)ましたが、いまどき、ねェ。


お尻ペンペン
…ん〜で、
ネタが無くなってしまいますたー。


※実の所、羽振りが良くなって食事が改善された※
※読み返したら、ヒドイなwww※


〔以下・恒久記事〕(こちらへ移動) 移動元・趣味ページ


パラパラ焼飯・パラパラチャーハン

パラパラ焼飯・パラパラチャーハン目当て 作者は自分で毎日食事の用意をしていますが、焼飯は考えないで毎日食べられるので重宝します。
 具さえ取り替えれば、そのまま別の食べ物に変わります。カレー粉を投入すればドライカレーに。
 マヨネーズが嫌いな方は、代わりに卵に小サジ1杯弱のサラダ油をかけてかき混ぜればマヨネーズ代わりになる様です。
 ここでは、化学調味料も立派な食材として数えています。それと塩だけで味付します。作者は醤油も入れます。

 飯の前に卵を入れるのを「チャーハン」
 飯の後に卵を入れるのを「焼飯」
 が定義です。

 パラパラチャーハンで画像検索すると
←昔上位に出てた不可思議マンガ。
 なぜか最近消されてる。

冬(厳寒期)の米研ぎ

冬の米研ぎ目当て いつの頃からか、左のマンガのように『お玉』でズルをし続けております。当然ですが、冷たくありません。
 一部にはお湯を使って米を研ぐというアヴァンギャルドな方々もおられるようです。
 でもどうしても『お湯』には抵抗があります。何か出来損ないのおじやを素手で引っ掻き回してるみたいだしー。
 (あと、洗面器を連想する)
 他にも、お湯ではヌカ成分を余計に吸わせてしまうとか、αデンプンがーとかβデンプンがーとか分子レベルの問題もあるやうです。
 まーあんまりバキバキやると米が割れてゲドゲドになるかも知れません。お玉がひん曲がらん程度に。
 私は食えればイイんぢゃけどね。


大目当て

サイト表紙

コーナー表紙

履歴転進

(c)PHALSAIL Headquarters