妙の
ェジ

※ここはこういうページです・諦めて下さい※

Y.D.S. 新たなる脅威(になってない)・17

−魔界・雀荘 VENTOTVDO-123−

バニガ −魔界の雀荘()でくつろぐ人間3名(変な絵柄)−

メガネリョーコ主人公

メガネ子(左・以下「メ」)
「えぇと…そういえばリョーコさんはどうして魔界に来れる様になったんですか?」
リョーコ(中・以下「リ」)
「え、ええッ?何よ今更新入りのクセにッ!シオリちゃん何か行ってやってよォ!」
シオリ(右・以下「シ」)
「そ〜いえば…お前は何だ?アタシは事故で、メガネは強引に召喚され…
 だいたい『新たなる脅威』ってお前の事だよね?
 あ、思い出した、お前最初キツネキツネと組んで敵だったぢゃんww?」

リ「あああッ、ヒド〜イ(嘘泣)そんなにこの巨乳(メガネ)のがイイわけェ?」

メ「(汗)公称『C』カップだから巨乳とまでは…」

主人公(何かキレたww)←ヒンヌー
こ〜ぉなったらァ麻雀で勝負よッ!
 リョーコ、ドベになったら白状せぇよッ!(ほんッと話の入り方がイイカゲン)
 …とと、4人目はどうしよう…」

 そこへ、さっそうと登場―

夢魔(謎の雀士www 以下「謎」)
※みんな気付いてます※

Guation, femetai i terro omo!
 あら…面白い事になっているご様子ね。
 ねぇ…メンツにお困りなら私が入って差し上げてもよろしくってよ。

主人公「あ゙あ゙…アンタか。(コイツわ〜ww)
 でも『北入』は止めてよね。」
こんな事があった

闘牌開始

この3人って久しぶりじゃない?
V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(空)メガネ<…私が初親かァ・・・
リョーコ(空)夢魔<ほらシオリ、私から左回りに胸の大きさ順になってるわww
(空)主人公ふ〜ん、そ〜、へ〜それで〜〜('ε'#)

チーコバンパイアガール(雀荘店員;以下・「ち」)
<という事で始まりましたッチ、全魔界配信実況「YOUは何しに魔界に来たんだ白状しろ」杯争奪麻雀大会ッチ。
 司会はワタクシ、チーコでお送り致しますッチ。
 ルールはいつも通り、東風戦ッチ。

シ「一応聞くがw、何でアンタなの?」

ち「あ…、ユンゲさんはカゼでお休みッチ。」

リ「案外、近くで見てたりしてw」

メ「??(←よく知らない)」

謎「え?何あのアイコン、流用じゃないのォ。」

東1 親・メガネ子 ドラ「E」

チーコ「開始早々からリョーコ選手、ムダヅモ無く跳ばしていますッチ。
 …と言ってる間に…程なくッチ!」

リョーコ「メンツモドラ1! 40符2翻 700-1300」
一一一六七CDE888西西 ツモ「五」

メ「ひゃはぁああん。」

シ「東1からッ、やる気あンのかッ!?」

リ「ふふん、親蹴り優先したのさッ!」


副音声解説(に見せかけた野次馬)】
吸血鬼バンパイア
「いや〜、いきなり逃げ切りに走ってますねェ。」
カッパカッパ男
「リョーコはデジタル使いですカッパので、早アガリは得意そうでカッパ。」

主人公「何してンのお前らこんなトコで。」

東2 親・リョーコ ドラ「白」

リ 27700
シ 24300
謎 24300
メ 23700

チーコ「リョーコ選手が親ッチ。このまま逃げ切れますでしょうか?ッチ」

リョーコ二四六@CDG66689中
「うむ…親だから揃え重視の数牌主体にだな…
 1個『見えて』はおるんだがー…」 打;「中」

主人公「ロォンッッ!! 後中ノミ 50の1 1600!」
四五六FFHHH345中中 ロン「中」

リ「(チッ)ほォ〜らねッ、『表示牌』とかで待ってるヤシが居るんだよこれが。」

メガネ「またビミョ〜な手ですねww」

シ「ふふふん、親蹴り優先したのさッ!」


副音声解説(に見せかけた野次馬)】
吸血鬼「同じ事言ってウケを狙っているんでしょうか?」
カッパ「ま〜本人は面白いと思うて言うてカッパで…」
主人公「(赤面)麻雀の解説をしろ。」

東3 親・シオリ ドラ「9」

シ 25900
謎 24300
メ 23700
リ 26100

チーコ「シオリ選手が親ッチ。スイッチが入ったか?ッチ」

主人公一二四七CHH112東東南北
「(お〜お〜、『東』がトイツで、程よく端っこ揃い、うっほっほ〜♪)」
打: 南北1四D西F・・・

―数巡後―

シ「よし…ツモ・ダブ東チャンタ! 親満貫 12000! ごめ〜んねッ♪」
一二三七八HH123東東東 ツモ「九」

メ「(勝負で本性出るなァ…)」

リ「(迷彩のつもりだったか)」


副音声解説
吸血鬼「運も実力の内、の見本の様ですなァ。」
カッパ「山もあれば谷もあるカッパぜ。」
主人公「無くてイイわッ。」

東3-1 親・シオリ ドラ「F」

シ 37900
謎 20300
メ 19700
リ 22100

チーコ「さあシオリ選手、このまま上げ調子で勝利を掴むのか?ッチ」

 ―異変が起こったのは東3局1本場・ラスヅモ直前―

夢魔「…フフフ、やっと来たわ… リーチ。」 打:「九」
主人公「な! そうだ、居たんだ、こんなヤシ!
 リーチって…こんな最後(17巡目)で!?…あと4つだぞ。」
メガネ「ああ、まァ…出来ますよね、自分のツモがあるから。」
リョーコ「それって海底牌の… え、まさか…」

夢魔「(チャキッ) スリッ ニヤリ …ツモッたわw

一発自摸海底平和純全帯三色一盃・ドラ2
七八九FFGGH78999 ツモ「H」
13翻・数え役満、8000-16000
 …と、+300(場棒)ね。」

シ「ちーがーうーだーろー!!
 このハネーーーーッ!!」
←時の流行語(書いた時点で古い・あとチョット違う)

メ「すごい…偶然…」

リ「ぃゃこのヒトの場合は多分『ガン牌』…あと『すり替え』?」


副音声解説
吸血鬼「ホントは倍満手を見逃したりで、一発・海底ツモを搾り出した、らしいが…
 説明がメンドクサイから簡略化されている、そうである。」
カッパ「これぞ麻雀の醍醐味ですカッパねェ。」
主人公「ねェ#アタシとアイツ、どっち好き?」

東4 親・謎の雀士 ドラ「4」

謎 52600
メ 11600
リ 14000
シ 21800

チーコ「さあ勝負は急展開の様相を呈して来たぞォ〜ッチ」
主人公「アナタさっきから実況が棒読みチックなんだけど。
 ええと…差は3万点、倍満直撃で何とか…ムズイな…」
リョーコ「アタシも、とりあえず2位までは…」
メガネ「私がドベ…あれ …何だか あれ?」
夢魔「さあ、追い付いて下さってもよくってよ。」

シ「(ガン牌も…すり替えも…(手癖悪いモード炸裂)
 こっちの配牌には手は出せん!www)」
九BE16西北白白發發中中

謎「フフフ、積み込んだみたいね…
 手で隠しても…他が見えてるし〜、ああつまらないww」

―数巡後―
 「六七九」から「六」を捨て、次巡で「八」をツモる様な振舞いをしつつ…

リ 打:「9」

謎「ポン!」 999 打:「5」

シ「飛ばされたッ!」

メ「……。」 打:「9」

リ「ああ、勝ち逃げに行ってる…」 打:「發」(←条件反射サポート)

シ「逃がすかッ! ポォン!」 發發發 打:「6」

謎「フフフ…(私の『中』でアガろうって考えかしら?
一一七八九12336中 999
 別に『ノーテン』でもイイんだけど…まァ…)」 打:「6」

メガネ「…うん、そうだ …そうだ! チー!」 678

 Ω Ω Ω <はァ?しかも喰い替え…
※1巡回してるし、問題無しね※

―数巡後―
メガネ

<ツモ! 鳴きタン三色ドラ1…
 20符3翻 700-1300。
 …ごめんなさい。

)))ぷるん お約束

三三六七八CDEFG 678
ツモ「B」

ドベが安アガリしてwww
※ゲーム終了※

主人公
<こっ…こらーー!!!

 (ノ`Д´)ノ彡┻━┻ ☆

 何だそのマナ悪わぁあッッ!
 幼稚園児かぁあ!!
 3位狙いかあッ!!!
 ワシの逆転秘策がぁ!!!!

( BCD12白白白中中 發發發 )

メガネ違いますッ!(キリッ)
 私たちの当初の目的が…ほら!」








シ「…あ(汗・思い出した)」

リ「そ〜でした」ウフ


副音声解説
吸血鬼「リョーコをドベにして尋問、が勝負の目的だった。つまり…
 メガネ子の横槍3位アガリは、謎の雀士の勝ち逃げ or ワザとノーテン戦術封印、
リョーコのドベ確定、だったのだッ!」
カッパ「メガネ渾身の一撃、確かに受け継いだ! (メガネ「え?」)
 でゎワシも一肌脱いでリョーコの検査を…カッパ」グェフフフ
リョーコ「タヒんぢゃえッ。」
主人公「…そして実は次のドラ表示牌は『中』!
 『白』が出たらカンして、ユン…謎の雀士からアブレ牌が出て欲しくって。
(予定 : BCD12中中 白白白白 發發發 ロン「3」 小三元・ドラ4)」
夢魔「(ほ〜危ねェ)…ものッ凄い『後付け』感がするのは、何で?」

結果発表

謎 51300 1位
シ 21100 2位
メ 14300 3位
リ 13300 ドベ


チーコ「や〜残念でしたねッチ」
夢魔「あんな横槍が入って、白けちゃったわ〜(せっかく場を荒らしていたのに〜)
 じゃ、また今度。」
主人公「人の不快を喰って生きる…さすが魔族ね。てェか、1位ぢゃんオマエッ!
 …で、リョーコさん? 例の事、なんですが〜ェ?」
メガネ「?」

結果




 「えへへ

 それゎ…」

1 2 3 4 5 6 7

−完・いるよねこういう人−


L.C.単語帳

昔の話《麻雀編》
Y.D.S. 雀士列伝


サッキュバスAroi to cuon di abus legito nune, asis notito i capalo massimo nio.
Aroi to asas pouito locure en locon cuo-to.

 今アナタが読んだこの話は我々の偉大な指導者によって書かれました。
 この話は、どこかに固定記事として置かれる可能性があります。

 −続−

L.C.単語帳
サイトホーム
あたま


(メイン・終了)
麻雀ごっこ

案内嬢 【超略式 P.R. 】

・地底王国簡易シミュゲ→地底騒乱譚

・うろつきRPGもどき→C.D.Fighter ( 2D )
※↑↑↑ 動作は非保障です ↑↑↑※

・うろつき3D→C.D.F ( 3D )

・古典カードゲーム→ポー雀

・うろつき3D→15分ロープレ ( 3D )


© PHALSAIL HeadQuarters All right reserved